宮古島の海の中をのぞきたいならあれに乗ろう

沖縄の海の楽しみ方は3つあります。
一つ目は景色として海を楽しむこと、二つ目は実際に海の中に入って水の冷たさを味わうこと、そして三つ目は海の中に潜って様々な海の世界を楽しむことです。

三つ目はなかなか難しい

とはいっても、三つ目の海の中に潜ると言うことは簡単にできるわけではありません。
シュノーケリングが出来る人でなければ、海の中に潜ることが出来ないからです。
一日やそこらで身につけられるものでもありませんし、子どもと一緒に海の中を探検することだってそうそう出来ません。

ならばあの手を使おう!

海に潜ることなく、海の中の様子を楽しむためには「船」を使う方法をオススメします。
宮古島から池間大橋を渡り、池間島まで行くと「池間島海底観光」という船があります。

なんとガラス張りになっている

この船はそのものずばり、海底を船から観光できるものなのです。
床がガラス張りになっているため、潜らなくても海の中を間近で観察できるのが最大の特徴です。
子どもさんを連れて行くと、一体海の中がどのようになっているのか間近で見ることが出来る故子ども達は大はしゃぎです。
中には年甲斐もなく、お父さんが子どもと一緒になって「あの魚はなんていう魚だよ」とか「あれはサンゴだ」といいながら大はしゃぎしているケースもありそうです。
お母さん方だって、子どもがどこかに行ってしまう心配もありませんし船でのんびりとした時間を共に過ごせますね。

海の楽しみ方は様々

海は広くて大きいものです。
だからこそ、海を満喫するための楽しみ方はたくさん用意されています。
船に乗って海の中を観察するのも、実際に海の中に入ってみるのも良いのです。
自分の力で出来る楽しみ方を見つけてみてくださいね。

関連する記事