宮古馬を知っている?歴史を学びに牧場へ出かけよう

馬に出会うチャンスと言ったらやっぱり競馬と思ってしまうくらい、馬は私たちの生活にすっかりなじみが薄くなってしまいました。
しかし、ほんの100年くらい前までは日本全国至る所で馬が飼育されていましたし皆さんもご存じのように日本の歴史には必ず乗り物として馬が登場します。

宮古島の馬

宮古島では今でも馬がたくさん飼育されています。
実は宮古島には「宮古馬」とよばれる在来種の馬が生息しています。
皆さんが馬を想像するときには筋肉隆々のサラブレッドかもしれませんが、日本に古来から生息している馬は宮古馬のような小さいかわいらしい馬なのです。

荷川取牧場へいこう

とはいえ、宮古馬も宮古島のあちこちで勝手に生息しているわけではなく牧場で生活しています。
宮古馬の保護を目的として作られたのが「荷川取牧場」です。
大きな平原に、宮古馬がのんびりと暮らしており草を食んでいる様子を間近で見ることが出来ますよ。

馬と一緒に歩いてみよう

せっかく馬を見に来たのですから、乗馬体験もしてみてはいかがでしょう。
牧場にいる馬にのって牧場内をとことこ回ることが可能です。
値段も都会の乗馬体験に比べたら遙かに低価格に設定されています。
えさを与えることも出来るし、近くで触ることも出来るし馬という生き物をそれほど知らない方であっても「可愛いな」とか「力があるんだな」と学ぶことが出来るでしょう。

お殿様になった気分で

江戸時代にお殿様が乗っていた馬だって、こうした日本の在来種でした。
宮古馬に乗馬することはある種、昔のお殿様の気分を味わうことが出来るのです。
小さいけれど力があって、なおかつ賢い宮古馬をあなたも実際にその目で確かめてみてはいかがでしょうか。

関連する記事